バイオリズム - はじめに -

「双子でも年子でも当たり前に自転車に乗りたい」。そんな切実な想いに共感して、『ふたごじてんしゃ』の開発・製品化を引き受けてくれたのは、『OGK/オージーケー技研株式会社』

自転車用チャイルドシート国内シェア約80%を誇る自転車部品のトップメーカーです。

 

チャイルドシートやカゴに『OGK』という赤色のロゴを見たことはありませんか? 

自転車のハンドルグリップもよく見てみてください。『OGK』と書いているかもしれません。それほど身近であり、安全性・信頼性があるものづくりをしているメーカーです。

 

しかし、自転車本体の開発・製品化は初めて。

中でも『ふたごじてんしゃ』は日本初、6歳未満の子どもを2人乗せられる3輪自転車です。2輪自転車とは異なり、前例や規格、基準がないので、自転車メーカーであっても数多くの困難が予想されます。

 

どうして自転車メーカーでもないOGKは挑戦したのでしょうか。挑戦できたのでしょうか。

 

それは創業から約70年、「常識を超えていくものづくり」「ライバルは自社」という企業精神と技術革新力があるからです。

 

ものづくり企業としての企業精神と技術革新力

 

OGKはこれまで「必要とされているものは何か」とニーズを察知し、世の中にはない機構や設計にも挑戦してきました。

 

よりよい製品を追究するためには自転車に関する知識も必要と、外部講師を招いて勉強会を定期開催。自転車メーカーに対して、チャイルドシート周辺の設計について提案することもあります。

 

安全性については、国が定めた基準をクリアするだけではなく、一般財団法人製品安全協会が定めるSG基準より厳しい自社基準を設定し、試験方法も独自でつくりあげてきました。

 

樹脂製の自転車部品で培ってきたノウハウを、自転車開発に応用しています。

 

 

「初挑戦」だから可能性が広がる

 

自転車は初挑戦のデザイナーと、自転車の設計に長年携わってきたベテラン設計者の2名を中心に、安全確認や試験等を担当する品質保証・管理者などで、『ふたごじてんしゃ』開発チームは構成されています。

 

デザイナーは「初挑戦」だからこそ、既存に捉われることなく、必要とする人たちの声に耳を傾け、柔軟な発想でデザインに起こしていきます。設計者は「経験」を活かして、機構や仕組み、使いやすさを考えて設計します。この未経験者と経験者のコンビネーションが抜群です。

 

全社をあげてサポートするほか、自転車メーカーなど協力してくれる人たちともつながって、開発が進みました。

 

どうして自転車メーカーではない、『OGK/オージーケー技研株式会社』が『ふたごじてんしゃ』の開発・製品化に挑戦できたのでしょうか。 専務取締役である木村泰治さんにお話をうかが …
テキストのコピーはできません。