⑨[2016/07] 設計者との一体感が!

:気持ちレベル8

 

 

設計者と言い合う日々(笑)。

「こういう機構で、こんな形にしたい。このサイズでおさめたい。フレームはこの細さで」と、私の中での理想的なカタチが生まれていました。それは、オフ会で出会ったお母さんたち顔が見えたので、こうなったら嬉しいだろうなと思えたから。

一方、設計者は実際に乗るお母さんと双子ちゃんの顔が見えたからこそ安全第一の視点で「これはここまでにしないとだめだ」と折り合いがつかない日がありました。

 

話が理解できない、話がかみ合わない……

 

そんなことが幾度もありましたが、目指しているところは同じです。

お互い少しずつ歩み寄れるようになり、2人の意見が合致した時は「やった!一致した」「これは絶対にやるべき!」とコンビネーションが強くなりました。

 

テキストのコピーはできません。