「ひとりの人」のためだけに動くのはダメなのかしら?

こんにちは、ふたごじてんしゃ中原です。

今日もブログをおとどけ。

 

ふたごじてんしゃ社には、日々、様々な問合せがきます。

どうすることもできず、テンプレ的な回答をしなげればならないものもあり

そんな回答をしなければならないことが、本当に心苦しく

どうしたらこんな回答を減らせるようになるんだろって思う事があります。

それは、どんな仕事であっても感じることですよね。

できないことはできないと伝えるしかない。

あぁ なんてもどかしいんだろう。

 

でもね、幸いこの会社はわたしの会社。

「この内容なら、わたしの工夫次第でできるかもしれない!」って考えがよぎると

いてもたってもいられなくて、「やっちゃおうー!」ってなってしまうクセがあります。

 

まぁ・・・ これができるのも、私と仕事のパートナーが2人いてくれるから。

小さいから小回りがきくし、だからといって、ひとりじゃない。

仲間がいてくれるから、安心して飛び込める。

そして、この2人がわたしの暴挙も「中原さんがしたいのなら」と言って

フォローにまわってくれます。感謝しかない。

 

 

ただ、以前はそうじゃなかった。

というか、わたしは以前からこんな性格なもんだから、ひとりの方の問合せや、困っている様子をきくと動こうとしました。

でも、わたしを心配する周囲からは

「たった一人のためだけに動いていたら、身が持ちませんよ。」

「いつまでそんな仕事のやり方をしているのですか?」

とつっこまれていたんです。

 

そらそーだろう。

わたしの身がもたない。

子どもたちをほっぽってまではむずかしいな。

そう考えてしまって、なんでもかんでもブレーキをふむしかなかった時期がありました。

 

 

ただ、いまでは少しずつだけど「これなら私の決断だけですることができる」というものが増えてきました。

だから、心がうごいて、わたしの力でできることなら「たった一人の為だけでもしてあげること」ができるようになってきました。

 

 

その一つが、今回実施する 子育ていろいろ相談&試乗会」

 

 

きっかけとなったのが、アセスメントを行ってくれたママがキャリアメールだったため、mailが届かなかったから。

わたしはコンタクトをとるために電話をいれました。

直接お話しをきける機会なんてそうそうないので、何か困っているのかをお尋ねすると

購入店舗が遠方になること、実際に乗ってみたいというお悩みを抱えていらっしゃいました。

 

また、以前購入後アセスメントで電話対応させてもらったママからは、「近所に話せる双子ママがいなくて孤独だ」というお悩みを伺いました。

 

わたしの頭の中で、2人のママとの会話がグルグルとまわりはじめました。

 

ところで、普段わたしが試乗会で伴走対応するとき、試乗だけでなく

子育てのことや仕事のこと、家事のことなど

たわいもない話のようで、実はすごく自分にとって負荷がかかってどうしよもないことを

聴かせてもらうことがあります。

中原がこれまで実施してきた試乗会って、ただの自転車乗って終わりってものじゃないものが多いんです。

 

だから、外にもれないことが前提に安心して話せる場所があって、その上体験できる試乗会をしてあげたいと考えました。

 

そこでまず、試乗会の開催をOGKとも検討したのですが、

今年は梅雨明けが遅いこと、あけても夏の暑さの中での試乗会は、赤ちゃんには厳しい環境にあることなどを考慮して

7月8月の試乗会は実施しないことが決まりました。

熱中症の心配もあるし、当然の判断だとおもいます。

 

でも、悩んでいるママにどうしたらこたえられるのだろう・・・と考えました。

お電話で話したママが偶然にも会社所在地である同じ尼崎市の方だったので、平日開催でもこれるならと

「7月25日に事務所へきてくれたら、試乗できるよう準備するよ。」ってお誘いしたんです。

 

そして、いつものごとく

「一人だけじゃなく、せっかくならこの機会をいかそう!」と、今回のイベント開催となりました。

 

開催を決めるのは簡単だけど、集まってくれるかな?告知後6日しないし、どうかな? とおもっていたら

なんと、すでに3組の方が申し込んでくれましたー!

 

たった一人の方のことをおもって行動するだけで、同じような悩みをもつ方の力になれることが今回もわかり

企画してよかったなぁとおもう中原です。

 

また、購入店舗が遠方というお悩みもありましたので、尼崎市でも購入できるよう整えている真っ最中です!

 

 

これからも、たった一人のためにどこまでうごけるのか正直わからないです。

できないことも多く、不安になることも沢山あります。

 

それでも、わたしは声を上げてくれた人の力になりたい。

それは、過去にわたしが声をあげたときに助けてくれた人たちがいて、いまのわたしがあるからだ。

すぐにできないかもしれない。

でも、できるようになれるよう力をつけていきたいとおもいます。

 

 

 

 

※今回のイベントは、子育て相談として室内での相談業務を行いますので、ママ・ご夫婦限定イベントとなっております。

 パパのみの子育て相談のご要望がありましたら開催しますので、いつでもお声をくださいね。

 

 

 

双子育児の悩みはつきませんよね。 試乗もできますよ(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで ふたごじてんしゃ をフォローしよう!

テキストのコピーはできません。